カテゴリ:コラム の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comment (-)

本を買おう!本は将来のための格安な投資

人生は、出会った言葉の質と量できまる。

20代は、とにかくたくさんの良い言葉のシャワーを浴びておこう。


というのは、数々のビジネス書を執筆し、3,300人のエグゼクティブ、10,000人のビジネスパーソンと対話し、

大学時代に1000万円分の本を読んだという、千田琢哉さんの言葉です。

ぼくも、この人の本は何冊か持っていて、学ぶところも多いなぁと思う書籍です。



■大学に入ってから、たくさんの本を買う人になった

筆者自身、大学に入るまで読書は好きではなく、マンガやハリーポッターしか読んでいませんでした。

しかし、大学に入って、あれやこれや悩んでいる時期から、よく自己啓発書を買うようになりました。

この頃は、ただ弱い自分を励まして欲しくて、すがりついていただけかもしれません。


しかし、それらの本を読んでいるうちに、いつしか本を買うことが多くなり、

今では本屋に立ち寄り、気になった表紙の本を手に取り、目次に目を通し、気になった記事をパラパラ

読んで、これは!と思ったものは、即買いことも少なくありません。


買うのは主に、ビジネス・自己啓発・ハウツー・スポーツ選手の自伝などですが、

新しく本を買い読むたびに、「やはり本を読むのは良いな」と感じます。



お金が無い学生時代こそ、本を買おう

学生時代というものは、やりたい事はたくさんあるけど、お金がないものです。

逆に、社会人になると、お金はあるけど、時間が無い、となります。


そんな、お金が無い学生時代に、1冊1,000円の本を買うことは少々キツく感じます。

しかしながら、このお金がない時期に、わざわざ自らの金を払って本を買うことは

将来、生み出すであろう“お金”と“時間”を増やすための重要な投資だと感じています。


筆者自身、今、この本に出会っていて良かったな、と感じることが多々あります。

確かにお金は無いですが、この20代の学生時代という時期に、多くの本に出会えることは

本当に貴重な体験です。

お金がある社会人になってから、本を読むようになって、

「何か行動したい」と思っても、時間的にも体力的にも、学生時代より難しいものがありますし、

何より、学生時代ほどチャンスに恵まれていませんから。

そのため、お金が厳しくとも、今!たくさんの本を買うことが必要なのです。


実際、ぼくも数々の本を購入し読んだことで、価値観を広く成長させることが出来ました。

おそらく、大学時代に今ある本を読んでいなかったら、

これからの将来は全然変わっただろうなと感じています。


また、学生時代に多くの本と出会ったことで、人生は劇的に変わるということを、

これから、筆者自身が示していきたいと思っています。



■図書館で本を借りるのと、買うのでは全く効果が違う!

大学ならば図書館を使えますので、わざわざ買わなくても借りればいいんじゃない?

と思われる方も多いかもしれません。

しかし、本を借りることと、お金を出して買うことは、全く効果が違います。

それは、本を買うと「常に手元に置いておける」という利点があるからです。


こういったビジネス書や、夢や人生論の本などは、多くが著者の経験をもとに書かれています。

そのため、ただ読んだときは「ふーん」と思うだけの記事でも、

自分が大学生活において、本に書いてあることと同じような経験をしたとき、悩みを抱えたときに

パッと部屋の本棚の本を手にとって、気になる部分を読み直すことができます。

これが、図書館だと本を返さねばならないので、今あれ読み返したい!と思っても出来ないわけです。

この、「気になったときに、その本を読めるか読めないか」で、その後の人生は劇的に違ってくると

筆者は感じています。むしろ、その瞬間のために、本を自費で購入し、家に置いておくのです。

いわば、“ねかせている”わけです。



本を買いすぎて貧乏になった人はいない

あの人は本を買いすぎて貧乏になってしまった。なんて話は聞いたことがないですよね。

まぁ、貧乏だったら本なんか買う余裕ないのかもしれませんが、ちょっと考えてみると

小説とかでなく、夢や人生論の本をたくさん買って読んでる人って

成功してそうじゃないですか?

ぼくが思うに、よっぽど努力の方向性がずれてる人で無い限り、

何かしらの成功を収めると思うんですよね。

現に、ぼくが知っている成功者の人たちは、今まで多くの本を読んでいますし、

ぼくが知らない成功者の人も、おそらく多くの本を読んでるんじゃないかな、と感じます。

それほどに本を読むというのは、将来の成功への投資となるわけです。





読書をすることで、将来の失敗を未然に防げる

本の中でも、経営学やスポーツ選手の自伝などは

その人たちが経験したこと、成功への秘訣が書かれています。

その中には、「こうしたときは上手くいかなかったが、こうすることで上手くいった」

といったような、失敗談が含まれていることが多いんです。


「成功するためには、早くたくさん失敗しよう!」

なんてのは、よく言われるのですが、この“本を読む”という行為によって

将来の失敗を未然に防ぐことが出来るのです。


つまり、本来はトライしてダメだったから、次はこうしよう!という風に成功へのステップを

踏んでいくわけですが、本を読むことで、その中にある“失敗談”を事前に知ることができる。

なので、いざ何かにトライするときに、

「あの本では、こういう場面でこうしたら上手くいかなかった。だから、ここではこうしよう!」

という風に、行動の選択を、良い方へ導けるわけですね。いわば、リハーサル。

前述したように、これは手元に本を持っておかないと、おそらく無理な選択でしょう。

こういった意味でも、読書をすることは成功への道のりを、加速してくれるわけです。



ps

成功への“近道”という表現は使いたくありません。

近道というよりは、数ある分かれ道の中で正しい道を選びやすくなる、というイメージです。

失敗すると、来た道を戻るか、正しい道に繋げるために壁に穴を掘ったり、何かしらの

時間のロスを伴います。そんなイメージだと思っています。

大学と言えど自ら動かないと何も始まらない

大学は楽しくて、自由で、遊べて、サークル入ったり、毎週合コンしたり、なんて

高校のときは、多くの人が夢見るのでしょう。あ、ちなみに僕は違いましたよ。

しかし、実際に大学に入ってみて、「あれ?思ってたのと違う」と感じる人は少なくありません。

大学で遊ぶにしろ、勉強するにしろ、社会活動を始めるにしろ、

多くの人は、次の事実に早く気付かねばなりません。



それが、「大学では自分から動かないと何も始まらない」ということです。

待っているだけでは、何も起こりません。

むしろ、大学は、高校の体育祭のように強制参加な行事がない分、

行動しなければ、非常につまらない場所となってしまいます。


筆者の棒に振ってしまった大学数年間

筆者もそんな時期があり、多くの時間を捨ててきましたが、この事に気付いてから、

今までの大学生活は劇的に変わりました。今は、捨ててきた過去の時間を振り返るのではなく、

今残されている、大学生活という時間を、存分に楽しんでやろうとしています。

もちろん、その過去の時間で得られた貴重な体験・思い出もありますが、今はその何倍もの

素敵な体験をしてやろうと意気込んでいるわけです。

逆に、今の時点で、自ら行動する大切さを知れたことを、ラッキーだと思っています。



■大学がチャンスの宝庫というのは、変わらぬ真実

大学は、動かなければ、何も起こらない場所ですが、

自ら行動する姿勢を持って、毎日を過ごそうとしてみれば、

これほど、チャンスに溢れた場所はありません。

人との出会い、研究設備、学生という身分、

忙しい学科も多いですが、多くは、作りだそうと思えば、社会人より時間が取れるはずです。



■あなたにも今、この瞬間から行動することを知って欲しい

大学というのは、自ら行動する場所だと気づけば、この上なく、ありがたい環境なんです。

筆者も、この機会を使って、少しずつですが、自ら行動するようにしています。

一日一日が貴重な時間。時にまったりも必須ですが、パチンコしたり、食堂でグダるよりは、

その時間を使って、新たなことを始めてみましょう。

途端にやりたい事が見つかったり、自己分析の助けになり、人生が輝きだしますから。

大学生活という時期は、人生でおそらく、今しかないのですから。

一人暮らしの食器選びは、全て2個ずつ買え

一人暮らしでも当然、コップや皿は日常的に使う

一人暮らしを始める時には、友達も呼ぶし、色んな料理作りたいし、コップは5個くらいいる?

皿は3枚くらいの薄更に、どんぶり、小皿にカレー用の皿もいるや!

とかなり買ってしまいがちである。



筆者の食器購入失敗談


筆者は、一人暮らし開始の際、コップ5個、食パンシールで貰える皿を5枚、どんぶり1、醤油入れ2枚、

サラダ用の皿2枚ほどを持っていった。コップ5個って、多過ぎだろ。

友達を家に読んで宅飲みー!なんてことは、実は今まで数回ほどしか無かったので、食器たちがフル出場する

なんてことが、起こらなんだ。



アルバイトを初めて、お金にある程度の余裕が出てきた筆者は、ある時期インテリアに凝り出した

時期があり、その際、色んな食器を衝動買いしてしまった。

なぜか、ニトリで5個入りのコップを買出したり、ラーメン用のどんぶりが欲しいと、100均で

2個ほど、デカ目のどんぶりを買ったり、今思えば、ホントお金の無駄だったなぁ。

だがしかし、カラフルな7色マグカップを全部揃えて部屋に飾りたいなーなんて願望も

今だ持ち合わせている。

男はコレクター性のある生き物なのである。



一人暮らしで、おすすめは食器2個買い

一人暮らしでは、コップ、箸、茶碗や皿、全ての食器を2個ずつ買うのをオススメする。

その理由は、


まず、食器の統一感が出るから。1個だけでは、大きさや形の違う食器たちを

並べてみたとき、やけにバラバラが際立つ。しかし、2個ずつ収納されていると、それだけで

何か統一感がでて、非常に気持ちの良い食器棚となる。


つぎに、洗い物をサボリにくいサイクルになるから。

3個も5個もコップを持っておくと、1つ使ってシンクに放置後、次にまた別のコップを下ろして

シンクに洗い物が溜まっていきがちである。

かといって、食器が1つずつだけでは、何かあったときに不便すぎる。

よって、2個ずつを回すサイクルが、一番調度いいのだ。



そして、最後に、部屋に頻繁に友人が来る、という状況は

自分と友人の二人の場合が多いように感じるからだ。

3人以上が毎日のように、家にくるなんてのは、なかなか無いのではないだろうか。

また、大学生で恋人が出来たときに備えて、食器はセットで準備したいではないか。


友人が大人数で家に来る、という状況は、大抵が飲み会だろう。

そういった場合には、紙コップを使うことを進める。

それってエコじゃないんじゃない?と思われるだろうが、

何個もコップを買って、たまにしか使わないまま、卒業と同時に捨てるくらいなら、

たまの宅飲みくらい、紙コップと割り箸、紙皿で良いと思う。



■一人暮らしの、食器に対するエコの考え方

筆者の価値観として、学生の一人暮らしという状況は社会にとって異例なことで、

環境に配慮しにくい状況だと思っている。

この状況が、今や当たり前となってしまったが、1つの建物に何百人が詰められ、その各部屋ごとに

同じような家電や設備が入っている、一人暮らしという状況自体が、あまりエコなことではないだろう。



■筆者オススメの食器リスト

まず、購入場所は100均が良いと思う。「~で良い」じゃなく、「~が良い」と思うのだ。

意外とお洒落で可愛い物があり、コップなどは37PASTAやバーなどでも良く使われるデザインのものも有り、

筆者はそれを使っている。

ちなみに、それがお店で人気であるというのは、

筆者が購入してから後に知った事実であり、筆者の食器選びのセンスは良かったのだと改めて感じた

ものである。



全て2個ずつがオススメで、注意したいのが、電子レンジ対応かどうかをチェックすること

である。では、以下が私のオススメの品だ。

・箸
・お茶碗
・味噌汁椀
・ガラスのコップ
・マグカップ
・カレー、パスタ、チャーハン、オムライス用のプレート
・グラタン皿(意外と使える奴です)
・サラダ、スープ両方いける、深めの皿

以上



ラーメン用のどんぶりなどは、資源とスペースの無駄である。

一人暮らしたるもの、作った鍋で頂こう。こういった場合にも、鍋敷きがあると重宝する。

今は、鍋敷きにも、ビン空けにも、滑り止めにも使える、ゴム製のモノがオススメだ。

では、最後にもう一度、「一人暮らしの食器は2個1セットで買え!」



一人暮らしで設置型浄水器をオススメしない理由 〜水が綺麗になるぶんシンクが汚れる〜

これは面倒くさがりでなく、家事が多少、不便だろうと難なくこなせるよー!という方には

無縁なお話。しかし、家で自炊した後に茶碗をシンクに置き、「明日でいいや」と

洗うのを一晩、放置した経験がある方、には多いに共通する話です。

実際、筆者自身、かなりの面倒臭がり屋なので、浄水器を取り付けたために

その分、シンクが汚れてしまいました。



一人暮らしで浄水器を使うときの盲点

浄水器を取り付けると、シンクが汚くなるという事実の

最大の原因は、一般家庭に比べて、一人暮らしのキッチンのシンクが

極端に狭いことにあります!


私が住んでいたマンションでは、実家の1/3のスペースしかシンクがなく、

具体的には、あなたが今使っているであろう、ノートパソコンの幅くらいでした。


さらに解き明かすと、多くの取り付け型の浄水器には、カートリッジをはめる必要があります。

水がその中を通って綺麗になる、円筒上のアレです。


しかし、一人暮らしのシンクでは、その狭い範囲の上に蛇口があって、

その蛇口の横にドカドカとカートリッジを付けよう物なら、邪魔で邪魔で

仕方ありません。


使った鍋やフライパンが超絶洗いにくくなり、茶碗を洗うときも、腕がゴンゴン当たって

イライラ、イライラ。短期な筆者としては、あーウザイ。となって、次第に洗い物が

嫌いになってしまったんですね。


「それは、お前が怠け者なだけだろ!」

ごもっともな意見です。でも、せっかく食器や調理器具を綺麗にしようってんなら、

気持ちよく作業したいじゃないですか!


なので、ふんふん♪と洗い物をするためにも

浄水器の設置はおすすめできません。



じゃあ飲料水はどうするの?

では、カルキ臭の効いた真水を飲むか、というと

とても美味しく飲めるものではありません。

飲料水には、イオングループのスーパーでアルカリイオン水を利用します。

これは、イオングループのカードと専用のボトルを購入してしまえば、

以後、何リットルでもアルカリイオン水が汲み放題となるサービス。

このサービスを利用すれば、飲料用にも、お米を炊くときにも、

美味しいお水を使うことができます。



結局は水を買ってしまえ

毎回スーパーまで、水を汲みに行くのが面倒だ。という方には、

結局のところ、水を購入することをおすすめします。



ぼくの場合、ドラッグストアで2リットル×6本を箱買いしていました

数ヶ月で2000円を払って浄水器のカートリッジを交換するのと

値段的には、あまり変わらないと思います。箱買いすれば安いですからね。



■一番良いのは…

綺麗な水を飲みたい、使いたいという場合に一番良いのは

蛇口一体型の浄水器が設置されていることです。

これは、契約したマンションに備え付けであった、という場合以外では、実現は難しいでしょうね。

一人暮らしの断捨離


    










学生の一人暮らしの場合、部屋は狭く、その割に片付ける時間や能力も少ないため、
どうしても部屋が散らかりがちです。一人暮らしの部屋が洗濯物やコンビニの袋だらけの学生は多いのでは?
今回は、そういった学生の生活に目線を合わせて、物を片づけて人生を変える法「断捨離」について、ぼくの一人暮らしの経験をもとに語りたいと思います。



一人暮らしこそモノに溢れやすい


一人暮らしの場合、たいていは1Kの7畳ほどに住んでいると思います。
しかしながら、この7畳という狭いスペースに収めなければならない生活必需品は結構多いもの。
冷蔵庫に洗濯機はもちろん、パソコンデスク、本棚、タンス、姿見に趣味のギターやら何やら
多感なこの時期は、何かと物を買ってしまい、部屋に溢れがちです。
実際にぼくがそうでした。

色々と挑戦することは良い事だと思いますが、ぼくらはその後始末をきちんとつけなければいけないんですよね(-_-;)

モノの場合は整理してやる、つまり、断捨離する必要があるということですね。
ぼくも後始末は苦手な方ですが、モノだらけの部屋を変えるため、人生を変えるため、
断捨離を頑張ってみました。



滅多に掃除ができない一人暮らしだからこそ断捨離!!


学生の場合、勉強にサークルにバイト、遊びとやりたいことは沢山!
それゆえ、部屋を片付けたり、家事になれていないため、部屋は散らかってしまいます。

なので、そういった部屋が散らかりやすい一人暮らしだからこそ、モノを減らしてシンプルに生きる生き方が
ベストだと思いますし、そのシンプルに生きるための法こそが、断捨離なんですね。




価値観を変える、人生が変わる、モノを捨てるということ


シンプルに生きるためには、まずは今現在、部屋に存在している大量のモノを捨てなくてはなりません。

講義で使ったプリントから、服、お土産、空箱まで、こういったモノは全て断捨離の対象で、今使っていないモノたちを潔く捨てていかねばなりません。ですが、こういったモノたちを捨てるときに働くのが「まだ使えるのに・・・」「これは高かった」「使えるモノを捨てるのは罪悪感がある」といった感情です。ぼくらは感情で動く生き物ですよね。

この感情を変えるために、価値観の変化が必要になってきます。モノを捨てるということは、他の生命(いのち)を頂くことと似ている気がします。生きるために必要だからこそ、ありがとうっていう感謝の気持ちを持てる。

ゆえに、価値観の変化とは、「ものを捨てるのは勿体ない」という価値観から、「ものは捨てなければならないからこそ、長く使えるモノを選び、無駄なモノを買う事が勿体ない」という価値観へのシフトということでしょうか。

なので、今使っていないモノは潔く手放して、必要なモノだけを長く使って生きていきましょうってことです。

そうすると、余計なモノにスペースや時間を奪われることなく、心に余裕が持てるため、自然と人生までもが変わっていく、という理屈です。

実際、ぼく自身もモノを溜め込む人から、捨てられる人になれたことで、心に余裕が生まれ、人生が輝く方向へシフトできたと感じています。


良いモノは良い


たとえ、学生の一人暮らしであっても、身の回りのモノは良いモノ使った方がいいと思っています。
それは、家具や家電であったり、洋服や身に付けるものなどを、良いモノにして生活していると、自然とその人は幸福な気分になってくるものだと思うからです。

だからと言って、何万円もする家具なんて買えないよ!という方。ごもっとも。
学生の一人暮らしでは、そんなものいきなり買えません。
なので、最初はベットだけでも良いモノを選ぶと良いと思います。

人は、その人生の1/3を寝て過ごします。それゆえ、睡眠は良い人生を歩むための基本と言っても過言ではない。
なので、その睡眠を取るための場所である、ベッドだけは良いモノを使うことをおすすめしたい。

他のモノは、そんなに高価ではなくても、選び抜いて、使いやすい、質感が好きなど、
自分にとって良いと思えるモノを使うのがオススメです。
テキトーに安さだけで揃えてしまって、あとで使いにくかったり、すぐ壊れたりして
買い直すハメになれば、それこそ、時間、お金、資源の無駄になってしまいます。

また、良いモノに囲まれて生活していれば、活力も生まれ、幸せな気持ちになり、結果的に豊かな人生に繋がると思うのです。



まず始めること、出来ること


では、具体的に何をすれば?ということですが、
まずは、不要なモノを貰わない・買わないように心がけること。
モノを買うときは、しっかりとした目で吟味して買うことです。
ただ、ぼくは直感も大切にしているので、これは!!というモノに一目惚れしてしまったら
即決で買うこともありますね。衝撃的な直感の場合のみですよ。そのモノへの恋はきっと本物だと思うからです。

そして、次に、使わなくなってしまったモノ、買ったけど1度も使わなくて申し訳ないモノを潔く捨てていきましょう。後悔しても、過去の事実は変わらないから。
後ろを見ず、今を生きたい。失敗を教訓として活かすかどうかで、その後の人生は変わると、ぼくはそう信じています。

そうやって、次第に自分が気に入る、良いモノたちに囲まれる生活を一緒に目指していきましょう。そして、そのモノたちを大事に使っていきます。
そうやって人生を素敵に輝かせていきましょう。


    
タイトル:新・片づけ術「断捨離」
著者:やましたひでこ
価格:1,260円

jp4.gif 



▽この記事はお役に立てましたか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。