スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Comment (-)

男は大学から一人暮らしをすべし

早い人は18歳で大学に入学します。

大学と言う場は、高校までと違って自分の意思で生きていく力を養う場

自立のときです。受動的な勉強から能動的な勉強へ。部活、サークル、恋愛、遊びだってそう。

自分が何をしたいのか。自分は何者なのかを考える場だと思っています。

そんな場だからこそ、特に男性は、20歳を過ぎたら家を出ましょう



■自分から動いて行く場

大学は自由な環境ですが、ずっと立ち止まっていても何も楽しい事など起こりません。

自分から行動し、自分で未来を掴みとって行く場

なので、形式的にも成人したら親元を離れて一人暮らしを経験して欲しい

女性は親元から通い、親に大事に育てられて社会に出るのもいいと思います。

しかし、男性は親離れをしなければならないと思っています。




自然界の流れとともに生きていきましょう。

ぼくら人間も動物。いつかは親元を離れ一人立ちしなければなりません。

男の子ならなおさら。30になっても親と暮らしていて、男性として立派に輝けるでしょうか?

多くの人は輝けないでしょう。



ただし、親元で暮らす男性にも、一握りの輝く男子はいると思います。
それは、親を看病したり、片親で寂しいだろうから一緒に住んでいる
といった男性だと思います。しかし、こういった男性も精神的には親離れしているもの。



一人暮らしは、親離れする時期だという意識をリアルにしてくれるものです。
将来、就職は地元でして、実家から通勤するという方は、大学に行く機会が得られたのなら
なおさら、その時期は一人暮らしをすべきです。でないと、一生親離れできない子供になって
しまう気がしますよね。



自然界の流れの中で生きましょう。子供が親離れしないと、親は子を育てる意味がないのです。
一人暮らしで得られるものは、高い生活費などに比べても、とても大きいです。
その経験が、その人の将来、人物像、人間性に大きく影響するでしょう。
関連記事



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。