スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Comment (-)

クーラー無しで部屋を涼しくする方法

夏は蒸し暑くて寝苦しいもの。

一人暮らしのマンションなんかは、窓が1ヶ所しかなくて、通気性も悪いもの。

しかし、毎日クーラーを付けっ放しで寝てしまうと、健康上よろしくないでしょう。

そんなときのために、クーラーを使わず、扇風機で部屋を涼しくする方法をご紹介します。




扇風機だけで部屋を涼しくする

扇風機だけで部屋を涼しくする方法とは、扇風機を窓の外に向けて回すことです。

一見、え?!と思いがちですが、ちゃんと理由がありまして、

扇風機を外に向けることで、部屋の空気を外に吐き出そうとします。

そうすると、出て行った蒸し暑い空気の分だけ、そとの冷たい空気が代わりに入ってくる

というわけ。これによって、部屋が涼しくなるのです。

案外、夏の夜のベランダに出てみると涼しいもの。部屋の中が、昼の熱を溜め込んだり、空気の流れが悪くて

熱くなっているだけで、外の空気を取り込めば、ちゃんと涼しくなるのです。

昔ながらの日本家屋の家で、網戸からヒューっと風が通り抜けるイメージ。

あれを強制的に起こさせることができるのが、この方法です。






健康にも、経済的にも◎

この方法は、まず、クーラーでなく扇風機を使うため、電気代が安くなり、経済的にも◎

一晩中付けっ放しの場合、扇風機で6円、クーラーで21円程度なのだそうです。

筆者はあまり関心がありませんが、節約家の方には嬉しいですね。


そして、クーラー付けっ放しで寝るより健康的。乾燥もしませんしね。ただ、朝の冷え込みには注意が必要です。

また、よくやりがちな扇風機の風を体に当ててねるのより、断然健康的かと筆者は感じます。

このように、良い効果がたくさんあるので、一度お試しあれ。窓の外に向けるのです。
関連記事



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。